« まぁ、こんなものでしょう | トップページ | スポ根マンガ、かぁ… »

2009/01/22

言われてみれば

処方薬、「飲み切らない」が7割強(医療介護CBニュース)

そう言う経験のある人、結構いるものなのね。

処方された薬を最後まで飲み切らずに余らせてしまう人の割合が全体の7割強に上ることが、ファイザーが実施した「処方薬の服用に関する意識・実態調査」で明らかになった。都道府県別に見ると、こうした人の割合は群馬が80.5%と最多で、最も少なかった青森でも65.5%に上っており、全国的に処方薬を余らせる傾向があることが分かった。

医者に行くとたいてい「3日分」の薬を処方されるものだが、3日分キッチリ飲んだ事ってそう言えばあまり多くない。
だいたい昼の分って忙しさにかまけて飲むことを忘れている、と言うオチも往々にあるし、症状が軽くなると「もう大丈夫だろう」と思ってしまう事だって一度や二度じゃないし。
ただ、こういう自己判断は、薬の種類によってはエライ事になるようで…

さらに、抗生物質・抗菌薬を処方されたことのある人に対し、服用を途中でやめたことがあるかと尋ねたところ、4割の人が「ある」と答えた。これについて、東北大の加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門の渡辺彰教授は、「自己判断による服用中断は、殺菌し切れなかった病原菌が耐性菌化し、結果的に治療が困難になる恐れがあるため、この結果は非常に懸念すべき点と言える」としている。

うーむ、やっぱりキッチリ飲んだ方がいいってことか。気をつけないとねぇ…

|

« まぁ、こんなものでしょう | トップページ | スポ根マンガ、かぁ… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/43816243

この記事へのトラックバック一覧です: 言われてみれば:

« まぁ、こんなものでしょう | トップページ | スポ根マンガ、かぁ… »