« 第二試合終了 | トップページ | おでんの具、ねぇ… »

2009/01/04

まさに「戦国」

東洋大復路もV、初の総合優勝…箱根駅伝 (読売新聞)

やっぱり「何が起こるかわからない」怖さが出たような…

第85回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町の芦ノ湖畔から東京・大手町の読売新聞社前まで5区間109・9キロで復路のレースが行われ、往路優勝の東洋大が復路も制し、通算11時間9分14秒で初の総合優勝を果たした。
東洋大は、6区で早稲田大に抜かれて2位に後退したが、8区で再び首位に立って逃げ切った。最優秀選手(金栗杯)には、往路の5区で区間新記録を樹立した東洋大の柏原竜二(1年)が選ばれた。

今年も往路、復路ともBS日テレのダイジェスト放送で見てましたが、チームの「勢い」がモロに影響したような感じでした。
東洋大の柏原は直前の日テレの番組で「とんでもないルーキーらしい」と言う情報は得ていましたが、まさか「山の神超え」をあっさり果たすとはねぇ…
これで勢いに乗った復路は早稲田とマッチレースできっちり競り落とすしたたかさも見せた。
これがフロックに終わってしまうのか、駅伝強豪校への道を歩むのか来シーズンが試金石になるか。

一番驚いたのは駒澤の13大会ぶりのシード落ち。主力をケガで使えなかったこともあるが、こういう事が起こるのも駅伝の怖さ、と言えるでしょうか。
今度の予選会は駒澤に順天堂に神大に東海かぁ…法政も捲土重来を期しているだろうし、また激戦になりそうだねぇ。

|

« 第二試合終了 | トップページ | おでんの具、ねぇ… »

その他スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/43632516

この記事へのトラックバック一覧です: まさに「戦国」:

» 戦国大会のはじまりか? [mingoh's観戦レポート]
正月恒例の「第85回箱根駅伝」正式名称は「東京箱根間往復駅伝競走」って言うそうな。今年(今回)は「東洋大」が昨日「往路」、今日の「復路」共に制し 「完全総合優勝」しかも「初優勝」でした。昨年12月の「不祥事」で「大会辞退か?」監督、部長が「引責辞任」と、試合...... [続きを読む]

受信: 2009/01/05 04:18

« 第二試合終了 | トップページ | おでんの具、ねぇ… »