« 日程発表 | トップページ | なかなかの好ゲーム »

2009/02/08

よくもまぁここまで…

「桃鉄」で80兆円あったらどれだけ物件が買えるか計算してみた(ITmedia)

こういうネタ、オイラは嫌いじゃない(笑)。

モバイル版「桃太郎電鉄」に100年モードがないことなどに不満を抱き、「現金80兆円を持ってJR高松駅まで来い」「爆弾を送りつけて皆殺しにしてやる」などの脅迫メールをハドソンに送信し、威力業務妨害の容疑で先ごろ逮捕された“桃鉄男”。
いろいろとツッコミどころ満載なこのニュースだが、個人的に気になったのが「80兆円」という金額の大きさ。数字だけ聞いてもケタが大きすぎてピンとこないため、参考程度になればと手元にあったDS「桃太郎電鉄20周年」で、80兆円あったらいったいどれだけの物件が買えるのか計算してみました。

「桃鉄」と聞くと昔やり込んだ記憶があるし、「日本の地理はこのゲームで学んだ」と言っても過言ではない。DS版も買ったけど、ある程度年数が経つと大抵の事が出来てしまうので、20年最長の設定はまぁいいほうだと思ったが、それに納得がいかなかったからハドソンを脅迫したというのが今回の一件。

「80兆円」と言う金額もかなり現実離れしているし、ツッコミどころ満載なのだが、実際ゲームで80兆あったらどれだけ買えるのか、と言うのもかなり不毛なような気がする…って、それを言っては身も蓋もないが(笑)。

「桃太郎電鉄20周年」で収録されている全210駅、1176物件の合計金額はズバリ「4兆9819億9300万円」という結果に。80兆円あれば、日本中の物件を16回ずつ買い占めてもまだお釣りが来ることが判明いたしました。そんな大金を手に入れて、この容疑者はいったい何をするつもりだったのか……。そもそも80兆円と言えば日本の国家予算(一般会計予算)にも匹敵する数字であって、とても一企業が支払える額でないことくらい分かりそうなものだ。

まぁ、最高値の桃太郎ランドも1兆円だし、こういうオチも半ば見えていたけれど、実際に検証したライターさんの労力は、労っても良いのではないだろうか。
久々にDS版をやりたくなってきたな…

|

« 日程発表 | トップページ | なかなかの好ゲーム »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/43992961

この記事へのトラックバック一覧です: よくもまぁここまで…:

« 日程発表 | トップページ | なかなかの好ゲーム »