« よくもまぁここまで… | トップページ | アウェイグルメを国立で »

2009/02/09

なかなかの好ゲーム

東芝が不祥事乗り越え優勝(日刊スポーツ)

不祥事もありましたが、それを乗り越えての優勝は見事。

東芝が度重なる不祥事を乗り越え、2季ぶり4度目の優勝を果たした。三洋に先制PGを許したが、風上からのパントを処理ミスに付け込んでFB吉田が逆転トライ。さらにWTB広瀬が連続トライを挙げた。三洋の反撃をPGだけに抑え、終了間際にも広瀬がトドメのトライを追加した。

この一戦、Jスポーツで録画中継があったので、それを見てましたが、強風下のコンディションながら見応えのあるゲームだった。
序盤は好手がめまぐるしく入れ替わる展開から、先制トライをあげた東芝が流れをつかむと、三洋電機をノートライに抑える「完勝」は、見事と言っていいでしょう。

決戦前の2度にわたる不祥事はチームに大きな影を落とした。日本選手権の出場はロアマヌの再検査の結果次第では辞退の可能性もあり、状況は厳しいが、今日は東芝のラグビーを称えよう、と思う。

|

« よくもまぁここまで… | トップページ | アウェイグルメを国立で »

その他スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/44004407

この記事へのトラックバック一覧です: なかなかの好ゲーム:

« よくもまぁここまで… | トップページ | アウェイグルメを国立で »