« 恒例行事 | トップページ | サンタマリア(BlogPet) »

2009/02/14

好事、魔多し

ダイワスカーレット、左前浅屈腱炎だった(サンスポ)

ナドアシルバのダートはひょっとしたらこの馬向きかも、と思ってたんだけどねぇ。

脚部不安を発症した昨年の有馬記念馬ダイワスカーレット(栗・松田国、牝5)は13日、検査の結果、左前浅屈腱炎と診断された。すでに回避を決めていた来週のフェブラリーSに次いで、ドバイワールドカップ(3月28日、ナドアルシバ、GI、ダ2000メートル)も正式に断念することを決めた。

来週のフェブラリーSに向け調整が進められていたスカーレット。
完全復活した「砂の王」カネヒキリとの直接対決と盛り上がりの雰囲気を見せていましたが、ここにきてのアクシデントはかなりのダメージだねぇ。

近々オーナーと今後について話し合いがあるらしいけど、繁殖としての期待値も高いだけに、ひょっとするとこのまま引退の線もあるかもね…

|

« 恒例行事 | トップページ | サンタマリア(BlogPet) »

競馬・POG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/44054354

この記事へのトラックバック一覧です: 好事、魔多し:

« 恒例行事 | トップページ | サンタマリア(BlogPet) »