« オススメの駅弁 | トップページ | 昨日のJ »

2009/04/15

時代の流れ、とは言え

Windows XPとOffice 2003が4月14日から「延長サポート」期間に(Impress Watch)

結構優秀なOSだと思うんだけどなぁ…

 4月14日に、Windows XPとOffice 2003の「メインストリームサポート」期間が終了となり、「延長サポート」期間に入る。延長サポート期間は5年後の2014年4月8日までの予定で、延長サポート期間中もセキュリティ更新プログラムは引き続き提供される。

通常だとマイクロソフトのOSは「メインストリームサポート」が最短で5年間設定され、それを過ぎるとビジネス向けユーザーに5年間の「延長サポート」が設定されている。
XPの場合は、Vistaの発表が2007年にずれ込んだこともあって、「メインストリームポート」が2009年まで延長されていたが、今回このサポートが終了する、と言う話。

この「メインストリームサポート」がなくなるとどうなるか、と言うことだが、
基本的にはセキュリティ更新プログラムの提供は今後も行われるが、いわゆる「サービスパックの提供」はされないことになる。
その意味で言えば、延長サポートは「新しいOSに乗り換えるための期間」、と言う見方もあながち間違いとは言えない。
と言うより、マイクロソフト側の思惑はそんなところにある、と言って良いでしょう。

とは言え、オイラの周りではXPは今でも結構使われている。
「98」同様、OSとしては優秀な部類に入る、と思うし、どこか「振り回されている」ような気がしてならないのだが…

|

« オススメの駅弁 | トップページ | 昨日のJ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/44674489

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れ、とは言え:

« オススメの駅弁 | トップページ | 昨日のJ »