« 週末のJ | トップページ | どっち、と言われても… »

2009/06/23

これはこれでいいのでは

セブン-イレブン:公取委が排除命令…見切り販売制限不当(毎日新聞)

「廃棄する商品を減らす努力」はあってしかるべきでしょう。

コンビニエンスストア最大手「セブン-イレブン・ジャパン」(東京都千代田区)の本部が、フランチャイズ(FC)契約を結んだ加盟店に対し、販売期限が迫った弁当やおにぎりなどを値引きする「見切り販売」を不当に制限したとして、公正取引委員会は22日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で、違反行為の取りやめと再発防止を求める排除措置命令を出した。コンビニ各社は24時間営業の利便性を強みに加盟店に値引きしないよう推奨することが多く、業界に見切り販売が広がる可能性も出てきた。

オイラ個人的には「スーパーがありでコンビニがNG」と言うのがどうにも理解できなかった。
1年間で廃棄する商品の量が相当な量になる事を考えても、こういう試みはあっても良いでしょう。消費者の側から言えば、モノが安く買えるのは嬉しいしね。

ただ、「発注する側」としても、発注量を精査するなど、もっと別のやり方で廃棄する量を減らすこともできたはずで、見切り品が出る、と言うことはある意味では「経営者の実力不足」とも言えなくもない。
なんかそれを棚に上げて一方的に「セブンが悪い」とあげつらうのはどうか、とも思うけどねぇ。

|

« 週末のJ | トップページ | どっち、と言われても… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/45427175

この記事へのトラックバック一覧です: これはこれでいいのでは:

« 週末のJ | トップページ | どっち、と言われても… »