« いよいよ勝負どころ、か | トップページ | 昨日のACL »

2009/09/30

バランスが大事

セブンイレブン:「見切り販売禁止で損害」加盟店主ら提訴(毎日新聞)

見れば見るほど難しい問題だねぇ…

コンビニエンスストア最大手「セブン-イレブン・ジャパン」(東京都千代田区)から、販売期限の迫った食品を値引きして販売する「見切り販売」をしないよう指示されたため損害が生じたとして、大阪府や千葉県の加盟店主7人が29日、同社に総額約2億3000万円の賠償を求め東京高裁に提訴した。

ちょっと前にも触れたネタだが、消費者の側から見れば安く買えるのは嬉しいし、廃棄する量が減ると言う考え方に立てば、「見切り販売」もアリだと思う。

だが、経営の視点から見るとまだ他に手はないのかなぁ、と言う気がしなくもない。
見切り販売は短期的に利益を上げるにはもってこいだとは思うが、今まで売れていたものが「見切りまで待つ客が増えて」売れなくなるんじゃなかろうか。
ある意味で言えば死活問題のような気がするけどね。

|

« いよいよ勝負どころ、か | トップページ | 昨日のACL »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

バランスが大事、というのは至極ごもっとも。
ですが、かつて食品関係に従事し、コンビニの弁当類の流通・販売実態がどのようなものであるかを知る自分から見て、今回の件は店主側に理があると思います。
見切り販売を行いたい理由は廃棄される余剰分があるからです。それが店主の見積もりの甘さからくる過剰な注文が原因であるならば、確かに見切り販売の実施は短期的な利益確保しか得るもののない店主にとっても得策とは言えないと思います。
しかしながら実態はチェーンストア経営側が勝手に店主側に販売数量を押し付けているという看過できない実態があります。店主の側とすれば望んでもいない食品在庫を押し付けられたうえ、その廃棄費用は自分持ち(若干の改善があったとはいえ)、見切り販売もできない、というのは納得できなくて当然ではないでしょうか。
ちなみに私、コンビニでは雑誌と飲料ぐらいしか購入しません。食品なんて恐ろしくて買えません。

投稿: _ | 2009/09/30 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/46350405

この記事へのトラックバック一覧です: バランスが大事:

« いよいよ勝負どころ、か | トップページ | 昨日のACL »