« これは厳しいねぇ… | トップページ | 今日の武蔵野 »

2009/10/24

なんともはや…

天皇陛下のお言葉に岡田外相が意見(MSN産経ニュース)

えー、ここまで「ツッコミどころがわかりやすい」のはあまり例を見ないのですが…

岡田克也外相は23日午前の閣議後の閣僚懇談会で、国会開会式での天皇陛下のお言葉について「陛下の思いが少しは入った言葉がいただけるような工夫を考えてほしい」と述べ、宮内庁にお言葉の見直しの検討を求めた。首相官邸で記者団に明らかにした。
岡田氏は「大きな災害があった直後を除き、同じあいさつをいただいている。国会に来ていただいているのだから、よく考えてもらいたい」と語った。天皇陛下のお言葉をめぐり閣僚が意見をするのは異例。

他所ではさんざん貼られてるが、一連の流れが分かるコピペを。

民主内閣が波風立たないようにいつもどおりの文言を作った

岡田、「せっかく政権交代したんだから、気の利いたコメントよこせ!」と激怒

周囲「え?陛下にダメ出し?」とドン引き
 ↓
岡田「ち、違う。宮内庁だよ」と焦る
 ↓
宮内庁に抗議
岡田、「もっと陛下の思いが入った文にしろ!」

宮内庁:意味わかんない コメント作ってんの内閣じゃん

岡田:マジ?

内閣:マジ あんたも閣議に出てたじゃん!聞いてなかったの?
 ↓
岡田:官房長官?
 ↓
官房長官:真意がわからないのでコメントできません
 ↓
宮内庁:で、どうすんの?変えたの提出するの?
 ↓
岡田:変える変えないは陛下の「お心構え」しだいだ←今、ここ

まぁ、要は「閣議の内容を一切聞いてない」ってことがモロバレになっただけ(これはこれで相当問題ではあるが…)なのだが、記者会見で明かしたのが大きな間違いだった、ってことになりますかねぇ。

…って、これが「麻生さんの頃に大臣が言った」としたら、それこそ「鬼の首を取ったようなバッシング」が始まり、「総理の任命責任」が問われる形になるのだが、ここまで「マスコミ総スルー」とはねぇ。
これじゃ「偏向報道」を通り越して「言論統制」のレベルまで行ってるような気がするが。

|

« これは厳しいねぇ… | トップページ | 今日の武蔵野 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/46567675

この記事へのトラックバック一覧です: なんともはや…:

« これは厳しいねぇ… | トップページ | 今日の武蔵野 »