« 今日の城南島 | トップページ | 第一関門、終了 »

2009/11/24

連休のJ

リーグ戦も残り3節。いよいよ大詰めになってきました。

J1第32節

首位のフロンターレはトリニータに痛い敗戦。2位アントラーズはサンガを振り切り、再び首位奪還に成功。
優勝争いへの生き残りをかけた、3位ガンバと4位エスパルスの直接対決はガンバに軍配。エスパルスはここに来て4連敗と試練の時を迎えている。

残留争いに目を向けると、アルディージャがモンテディオと引き分け、レイソルがアルビレックスに勝利。
アルディージャとレイソルの勝ち点差は4に詰まり、次節その2クラブが直接対決で雌雄を決する形に。

J2第49節

今節は上位争いを繰り広げるクラブの直接対決。
首位セレッソと2位ベガルタの一戦は、ロスタイムに千葉のクロスを朴柱成がヘッドで押し込みベガルタが勝利。
この結果、ベガルタが11節ぶりの首位に返り咲く。

3位ベルマーレと4位ヴァンフォーレの一戦は、激しい点の取り合いの末、ベルマーレが競り勝つ。その結果、両クラブの勝ち点差は3に開き、ベルマーレが昇格へ向け大きく前進した。
ヴァンフォーレは苦しくなったが、残り試合に勝ってプレッシャーをかけていきたいところ。

|

« 今日の城南島 | トップページ | 第一関門、終了 »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/46846066

この記事へのトラックバック一覧です: 連休のJ:

« 今日の城南島 | トップページ | 第一関門、終了 »