« 静岡にて | トップページ | JFLへの扉は… »

2009/12/06

昨日のJ

1年間にわたるリーグ戦も、いよいよ昨日でラスト。
優勝争い、昇格争いの行方は…

J1第34節

同時キックオフで迎えた今節、首位のアントラーズはレッズと、2位フロンターレはレイソルと対戦。
前半はフロンターレが3点を奪い、アントラーズはなかなかゴールを割れない展開でしたが、後半興梠のヘッドでアントラーズに待望の先制点が転がり込み、後はキッチリ守りきって3連覇を達成。
フロンターレは後半のレイソルの反撃を2点で凌いで勝ち点3を手にしたが、一歩届かずとなった。

前節3位が確定したガンバはジェフに勝利。勝てば4位が決まるサンフレッチェはサンガに完勝し、他力ながらACLへの可能性を残した。

J2第51節

優勝争いを演じるベガルタとセレッソ。
勝てば文句なしで優勝が決まるベガルタは愛媛FCとの一戦を引き分け。
ロスタイムでの痛恨の失点でユアスタは一瞬静まりかえるが、2位セレッソがサガンにこちらもロスタイムに逆転負け。ベガルタが久々の昇格に花を添えた。

3位ベルマーレと4位ヴァンフォーレの昇格をかけた熾烈な戦いは、ベルマーレがホーリーホックに勝利し、自力で3位の座をつかみ取り、実に11シーズン振りとなるJ1の舞台へ進むことになった。
ヴァンフォーレはロアッソに勝利したものの、勝ち点1差を詰め切れず涙をのんだ。

|

« 静岡にて | トップページ | JFLへの扉は… »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/46952711

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のJ:

« 静岡にて | トップページ | JFLへの扉は… »