« なんとまぁ… | トップページ | 開幕カード決まる »

2010/01/19

どっちもどっち?

首都大学東京 合格通知送付後に「不合格」(日本テレビ系) (Yahoo!ニュース)

こうやって「ミスリード」が作られる、ってわけか。

本格的な受験シーズンが始まる中、東京・八王子市の首都大学東京が先月、推薦入試の合格通知を送った受験生に「実際は不合格だった」などと謝罪していたことがわかった。
去年11月に推薦入試を受験した都立高校に通う男子生徒(18)は先月、大学から合格通知を受け取った。しかし、その翌日、大学側は保護者らを訪ね、「合格通知は誤りで、本来は不合格だった」などと謝罪した。受験生とその保護者は「すでに入学金を払っている。本当に不合格だったのかも疑わしい」として、合格を認めるよう求めている。
首都大学東京は「合否の判定は公正に行われたが、合格通知を発送する際、入力ミスで不合格の受験生に誤って発送してしまった」と釈明している。

これだけを読むと、「大学が悪い」と言うことになるのだが、同じ事件を別のメディアで見ると…
以下、MSN産経ニュース(http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100118/crm1001181309013-n1.htm)から引用

同大学によると、昨年12月2日、都市教養学部の推薦入試の合格者番号が掲示され、職員がその番号を元に合格関係書類を発送。ところが、職員が送付データを打ち込む際に住所と氏名と間違え、不合格となった男子受験生に書類を発送してしまたっという。
書類が12月4日、受験生に届き自分の受験番号と違うことに気づき発覚した。大学側は受験生に事情を説明し謝罪した一方、「不合格は変わらない」としている。

もともとこの受験生は掲示板を見て合否を知っていたらしいし、これは入学金を払った親も親だねぇ…

|

« なんとまぁ… | トップページ | 開幕カード決まる »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47333414

この記事へのトラックバック一覧です: どっちもどっち?:

« なんとまぁ… | トップページ | 開幕カード決まる »