« いよいよ… | トップページ | 今日のお出かけ »

2010/01/30

何がなにやら…

東京Vやっぱり火の車…Jが経営陣に退陣要求(スポニチ)

ネタがかなりデリケートなだけに、慎重な対応が必要だが…

Jリーグが29日、東京・文京区のJFAハウスで緊急理事会を開き、J2東京Vの救済策を協議することになった。東京Vは昨年9月に株主を日本テレビから東京VHD(ホールディングス)に変更。その際、Jリーグから「11月の理事会までに10年シーズンのスポンサー料5億4000万円を確保すること」を求められ、契約書の写しなどを提出したため条件をクリアしたとされ正式承認された。だが、東京Vの崔会長と関係の深い企業などから取り付けた支援が、景気低迷などの影響で予定通りに集まらず、実際には5億4000万円の半分程度と、早くも資金繰りが苦しくなっていた。Jリーグ事務局も昨秋から東京Vの経理を定期的にチェックし、2月から経理担当者を派遣することも決めていた。さらにこのほどJリーグ職員をクラブ事務所に派遣して“立ち入り調査”を行った結果、このままではシーズン中に経営が破たんする危険性があると判断。臨時理事会を開催して善後策を協議することになった。

これだけ大事なら、他のマスコミも動いても良いようなものだが、記事が出ていたのはスポニチのみ。
そして昨日の理事会開催後のリリースは、報じられた内容とは食い違いが出ている。
その日の理事会は6時間のロングランだった、と言う話も漏れ聞こえており、いったい何が話されていたのかは正直分からないが、かなり突っ込んだところまで話が行っている、と見た方が自然なのかもしれない。
ヴェルディのオフィシャルにも何も出ていないし、もうしばらく注視が必要かもしれんねぇ…

それにしても、一度経営危機を経験しているクラブのサポをやっていると、こういった報道を見るにつけ、「明日は我が身かも」と思ってしまう。
このシーズンオフはトリニータにヴェルディと続いたけど、規模の違いこそあれ似たような事例はどのクラブも抱えていそうな気がしなくもないような…

|

« いよいよ… | トップページ | 今日のお出かけ »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47425338

この記事へのトラックバック一覧です: 何がなにやら…:

« いよいよ… | トップページ | 今日のお出かけ »