« 総合力が決め手 | トップページ | 4強決まるも »

2010/01/05

政治とスポーツは別、と言うが…

外務省が緊急警告!…日本代表超厳戒のイエメン戦(スポニチ)

とにかく「何も起こらないこと」を祈るのみ。

岡田ジャパンが超厳戒態勢の中、6日のアジア杯最終予選イエメン戦(サヌア)に臨むことになった。国際テロ組織アルカイダ系勢力によるテロ行為を警戒し、3日に在イエメンの米英両大使館が閉鎖されたのを受け、4日には在イエメン日本大使館の領事窓口も初めて閉鎖された。だが、それでも日本サッカー協会は予定通り試合を行う方針を確認。日本大使館は入国予定のサポーターらに向け、外務省を通じて「テロに対する注意喚起」を発出するなど、一気に緊張が高まってきた。
岡田ジャパンが乗り込んだ首都サヌアが超厳戒態勢に突入した。4日、米国、英国の両大使館に続き、在イエメン日本大使館も査証発給などの領事業務の対外窓口を閉鎖した。日本大使館の山口又宏参事官は「米、英に倣う形で、治安の状況を見守ることになった」と説明。3日の練習後、岡田監督は「何も起こらないことを祈るしかない」と話したが、事態は深刻度を増すばかりだ。

いつ東京も標的になってもおかしくない状況の中、テロに対してはある程度我々も腹を括らないと行かん時期が来るのかなぁ、とぼんやりとは思っている。
テロリストにとっては怖がることが狙いで、「テロに屈しない」と言う意味では何事もなかったかのように日常の生活を続けることが大事であり、その意味で言えば今回のAFCの決定もそういう意思表示を示した、と言える。
選手達が無事に試合を行い、帰ってきてくれることを本当に願うのみであるが…

|

« 総合力が決め手 | トップページ | 4強決まるも »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47209319

この記事へのトラックバック一覧です: 政治とスポーツは別、と言うが…:

« 総合力が決め手 | トップページ | 4強決まるも »