« 今日の目的地 | トップページ | さて、出発 »

2010/02/12

一歩前進

東アジアサッカー選手権2010 決勝大会 日本 対 香港

味スタの中国戦からは、ちょっとは「見られるレベル」になっただろうか。

結果こそ3-0ですが、内容的には香港に付け入る隙を与えなかった。
前半こそスペースを消して守る香港に手を焼きながらも、終了間際に玉田が先制すると、後半に入ると中盤がシンプルにボールを回しだし、試合を完全に支配して、キッチリ勝ちきった。

香港のGKのファインセーブがなければ、もう4~5点入ってもおかしくなかっただけに、この時期のゲームでこれだけやれれば上出来というものでしょう。
中盤でシンプルにやれれば、このくらいはできると言うことを証明できたのはプラスと考えたいですね。
内田、駒野の両サイドバックもこういう展開だと二人とも上がってカウンターを食らってピンチ、の場面が散見されましたが、この試合に関しては守備の意識が高く、帰陣も早く、そして速かったのも良し、でしょう。

さて、次は日曜日に韓国との一戦。
直前に中国に0-3と完敗しただけに、この一戦で挽回を、とそれこそ「死にもの狂い」でくることは容易に想定できるだけに、この一戦でどこまでできるか、が評価のポイントでしょうか。

|

« 今日の目的地 | トップページ | さて、出発 »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47544789

この記事へのトラックバック一覧です: 一歩前進:

« 今日の目的地 | トップページ | さて、出発 »