« iPhoneへの布石? | トップページ | まぁ、こんなもんでしょう »

2010/02/02

新しい風、吹くか

貴乃花親方が当選「身の引き締まる思い」(nikkansports.com)

苦戦が報じられてましたが、逆転の「うっちゃり」と言うところでしょうか…

日本相撲協会の役員改選が1日、東京・両国国技館で行われ、定員10人(外部理事を除く)に対して11人が立候補した理事選挙で、元横綱で初出馬の貴乃花親方(37)が苦戦の予想を覆し、10票を獲得して当選した。理事選は4期8年ぶりに投票に持ち込まれ、111人の評議員の投票で争われた。大島親方(元大関旭国)が8票で落選した。
相撲協会の改革を目指した貴乃花親方は立候補をめぐって所属していた二所ノ関一門と対立し、一門を自ら離脱。同親方を支持した6人も同一門から事実上の破門となった。一門の後ろ盾がないという異例の態勢で臨み、情勢は厳しかったが、票集めに成功した。

本場所の前までは耳目を集めていた相撲協会の理事選挙。場所中に起こった朝青龍の一件でかすんでしまった感もありますが、なんだかんだ言っても注目していました。
戦前は当選ラインに届かないのでは、とも見られてましたが、逆転の当選ということは、協会内でも現状に「危機感」を持っている親方も少なくない、と言うことが浮き彫りになった、と言うことでしょうね。

50代、60代が多い今の理事会の中では、すぐに改革が実行できるかどうかは未知数だが、新しい風を吹き込んでもらいたいものですね。

|

« iPhoneへの布石? | トップページ | まぁ、こんなもんでしょう »

その他スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47456107

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい風、吹くか:

« iPhoneへの布石? | トップページ | まぁ、こんなもんでしょう »