« 試合終了 | トップページ | 昨日の仕込み »

2010/02/07

収穫は…

東アジアサッカー選手権 日本-中国

前半でキッチリ点を取れていれば、どうってこと無い試合だったのだが…

中国がこの日仕掛けてきたのは、2本のキッチリしたラインでの4-4-2。アルディージャの時の三浦さんが採ってた布陣、と言えばわかりやすいかもしれない。
全体をコンパクトにして中盤とディフェンスラインで挟み込んで奪い、手数をかけずにカウンターを仕掛ける、と言う戦術が良く鍛えられていた印象だった。

一方の日本は、ディフェンスラインと中盤から前の意図がかみ合わ無い印象。
攻撃面はベネズエラ戦から見れば良くなったような気もするが、もう少しミドルの意識を高く持っても良い。
守備面に目を向ければ、バイタルエリアにスペースが空いて、そこを使われる形が多かった気がする。
これはディフェンスラインを高めに設定するか、プレスのスタートを下げるかで修正は可能だが、いずれにせよもう少しコンディションが上がってこないとどうもねぇ…

|

« 試合終了 | トップページ | 昨日の仕込み »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47499865

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫は…:

« 試合終了 | トップページ | 昨日の仕込み »