« なでしこに行ってきた | トップページ | 試す価値は…アリ? »

2010/02/15

なんともはや…

東アジアサッカー選手権2010 日本 対 韓国

不運が重なった面もあるが…

一言で言えば、韓国の「自作自演」にお付き合いしてしまった、とも言える。
序盤から韓国が気持ちを前面に出したプレイを見せるが、それがラフプレイに出た結果、あっさりとPKを得て日本が先制する。
そこから早い時間帯に2点目を取れれば韓国の自滅パターンだったが、その10分後に今度はPKを取られ同点に。
これで韓国が落ち着きを取り戻し、アンラッキーな逆転ゴールの後の闘莉王の一発レッドで流れを決定づけてしまった。
その結果、岩政を試せたと言う面もあるが、攻撃のカードを切れなくなってしまったのが、後半打ち合いの状態になっただけに大きかった。

日本から見ると、遠藤と憲剛が高い位置にいれば攻撃が機能するが、プレイエリアが低いところから始まるので手数が多くなる、と言う状況は最後まで変わらなかった。
稲本が攻守にわたって効いていたが、ここにもう一枚「守備的なボランチ」を置くことで両者を前に出す事も考えても良いと思う。今野や阿部が適任なんだけどなぁ。

とにもかくにも、「膿」はある程度出せた、と思う。そこから本番までどう修正していくか、が注目である。

|

« なでしこに行ってきた | トップページ | 試す価値は…アリ? »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47572108

この記事へのトラックバック一覧です: なんともはや…:

« なでしこに行ってきた | トップページ | 試す価値は…アリ? »