« 昨日の仕込み | トップページ | とりあえずは一安心 »

2010/02/09

そう言うオチになったか…

キリンとサントリーの統合交渉が決裂、統合比率などで溝が埋まらず(ロイター)

大手同士の統合話は、文字通り「泡と消えた」形になりました。

[東京 8日 ロイター] キリンホールディングス(2503.T)とサントリーホールディングス(大阪市)は8日、両社の経営統合交渉を終了したと発表した。昨年7月に始まった経営統合交渉は、決裂という結果に終わった。 キリンは「統合新会社は経営の独立性・透明性が十分に担保されるべきと考えていたが、この点でサントリーとの間で認識に相違があった」としている。一方、サントリーは「統合比率をはじめ、キリン社との間に認識の相違があり、当社が追い求めている新会社の実現は難しいと判断した」と述べている。

株式公開し、目先の利益を追求せざるを得ないキリンと、持ち株会社を作りながら非上場で、どちらかと言えば「試行錯誤」が許されるサントリー。
パッと書いただけでも「こりゃ難題」だなぁと思ってたら、やっぱりそういうオチになりましたか。
持ち株比率でもめてる、と言う話も年末に漏れ伝えてきましたが、そこの折り合いがつかないまま終了、と相成りました。

実現すれば「世界と勝負できる」企業体になれる可能性がありましたが…まぁ仕方なしですね。
アサヒやサッポロも水面下で動いてるんだろうなぁ。

|

« 昨日の仕込み | トップページ | とりあえずは一安心 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47519187

この記事へのトラックバック一覧です: そう言うオチになったか…:

« 昨日の仕込み | トップページ | とりあえずは一安心 »