« 当たり前の話なのに | トップページ | さて、出発 »

2010/03/19

「名脇役」が消える…

バファローズ消滅…オリ来季球団名公募(nikkansports.com)

いつかは来るのでは…と思ってたけど、ついにそうなったか、と言う感じ。

オリックスが「バファローズ」の名称を来季から変更する方向で調整していることが17日、分かった。新名称は一般公募で決める方針で、本拠地名の「大阪」も冠する予定だ。04年オフの球団統合で近鉄から引き継いだバファローズの名称は消滅する。ユニホームも大幅に刷新し、真の新球団として生まれ変わる。

それこそ「流転」のチーム、と言う言葉がピッタリ来るのはオリックスぐらいではないだろうか。
阪急から身売りでオリックスブレーブスになり、
→ブルーウェーブに改称して本拠地を神戸に移転
→近鉄と合併してオリックスバファローズになり…そして今回の流れである。
ちなみに阪急からオリックスが買収したのが88年だから、ここまで20年ちょっとの話、と言うことになる。

現状を見ると近鉄は球団経営から完全に手を引いているらしく、バファローズは有名無実と化していると言われても仕方ない状況だが、優勝争いに絡むと「ドラマが起こる」バファローズの名前が完全に消える、と言うのは一抹の寂しさを感じる。
時間が経てば新しい球団名に慣れていくのだろうけど…

これは余談になるが、実は昨日知人と新宿で飲んだときに「ハンカチ王子はどこに行ったら面白くなるか」と言うネタになり、オリックスに行くとチームバランス的に一番面白いのでは、と言う話に落ち着いたのだが、こういう話になっていたとはねぇ。
『虫の知らせ』と言うとなんか違うかもしれんが、こういうこともあるモンだ。

|

« 当たり前の話なのに | トップページ | さて、出発 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47848435

この記事へのトラックバック一覧です: 「名脇役」が消える…:

« 当たり前の話なのに | トップページ | さて、出発 »