« 間に合わず、か | トップページ | 「名脇役」が消える… »

2010/03/18

当たり前の話なのに

核持ち込み、将来容認も…外相「緊急時に決断」(読売新聞)

一度振り上げてしまった拳を下ろすに下ろせなくなって…と言う感じだねぇ。

岡田外相は17日午前の衆院外務委員会で、非核三原則に抵触する米軍の日本への核兵器持ち込みについて、将来的に有事が起きた場合に持ち込みを容認する事態もあり得るとの考えを示した。米国の「核の傘」による抑止力を維持し、日本の安全保障政策や日米関係に支障を来さないようにする狙いがあるとみられる。ただ、外相は「鳩山内閣は非核三原則を堅持する」とも強調した。
外相は答弁で、「緊急事態が発生して、核持ち込み、一時的寄港を認めないと日本の安全が守れないという事態が発生したとすれば、その時に政権が命運をかけて決断し、国民に説明するということだ」と述べた。

今も中国やロシアが核ミサイルを日本の大都市に照準を合わせている現状で、「国民の生命と財産」をどう守るのか、と言う立場に立つと一番分かりやすい話。
平たく言えば「こっちも核を持つこと」で『毒をもって毒を制す』のような形にすることが「核抑止力」であり、今の日本の枠組みで考えるとこういう形しかない、というのはオイラでもたどり着きそうな話。

まぁ、今までやってきたことの追認、と言うことだがそもそもこの議論はいったい何だったんだ、と言うオチにならないのかねぇ。
さらに「何かあってから考える」じゃはっきり言って手遅れの状況に近いんだけどね…

|

« 間に合わず、か | トップページ | 「名脇役」が消える… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そもそもの発端は米側の外交文書が公開されて密約の存在が顕わになったことにあるわけで。国民を欺いて国是(建前上とは言え)に反する行動を取ってきた政府の姿勢は民主主義国家としてあるまじき態度なわけで。ここで尻拭いすることになるのは時期的に仕方がないことでは?それとも政権交代なかったら公開文書というとうてい言い逃れ不可能な証拠突きつけられても知らぬ存ぜぬで通したんですかね?

投稿: _ | 2010/03/18 12:58

>3/18 12:58 さん
…これくらいの「腹芸」ができないようでは、国はすぐ滅びますぜ。
まぁ、あなたが「日本が中国の植民地になる」ことを望むのなら、止めはしませんがね。

投稿: GALLEON | 2010/03/19 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/47840197

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前の話なのに:

« 間に合わず、か | トップページ | 「名脇役」が消える… »