« 昨日のJ | トップページ | さて、出発 »

2010/05/07

寝ころんで見ちゃダメっすか…

寝ころんで見ちゃダメ……3Dテレビ視聴“ルール”(ITmedia)

最新鋭の技術を楽しむには、それなりの制約はあるようで…

日本で初めてとなる3次元(3D)テレビが4月下旬、パナソニックから発売され、家庭でも3Dを楽しめる時代がやってきた。有線テレビ(CATV)では3Dアニメや映画の放送も始まり、休みの日は自宅でのんびりと、3Dを楽しもうという人は多いはず。しかし、リラックスしすぎて寝ころんで見ていると、眼精疲労を引き起こす可能性も指摘されている。外出するよりも、家でゴロゴロするのが、大好きな人は注意かも……。

いよいよ発売された「3Dテレビ」。大手メーカーが続々発表しており、夏頃には色々出揃う状況になる。
左右の目に2種類の映像を高速で交互に映し出し、専用のメガネを通してみることで立体に見えるというもの。映画やスポーツなど、楽しめそうなソースはそれなりにありそうな気がする。
ただ、やはり最新鋭の技術だけに、それなりにルールがあるようで…

パナソニックをはじめ国内外の家電メーカーが3Dテレビの発売を表明し、今年は“3Dテレビ元年”と呼ばれている。3Dテレビの実用化にむけ、家電メーカーや放送事業者などは平成15年に「3Dコンソーシアム」を設立し、3Dの安全性を研究。パナソニックの3Dテレビが発売される直前、最新の研究報告が発表された。 この中で同コンソーシアムは、3Dテレビの視聴の注意点として、寝ころんでみない▽適切な位置で視聴する▽子どもは注意する▽疲れたら視聴をやめる――とった点を挙げている。

う~む…やっぱり目を酷使することには変わりないってことか。それが元で体をこわしたらそれこそ元も子もないしねぇ。

|

« 昨日のJ | トップページ | さて、出発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/48291847

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ころんで見ちゃダメっすか…:

« 昨日のJ | トップページ | さて、出発 »