« 昨日のACL | トップページ | 今日の日立台 »

2011/03/04

喜ばしいこと、なのだが…

アジアのW杯出場枠は現状維持の4・5(スポニチアネックス)

内心はどこか複雑だなぁ…

国際サッカー連盟(FIFA)は3日、スイスのチューリヒで開いた理事会で2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の各大陸連盟出場枠を決め、アジアは昨年の南アフリカ大会と同じ4・5枠(大陸間プレーオフを含む)となった。FIFA理事の小倉純二・日本サッカー協会会長が明らかにした。アジアは06年ドイツ大会から3大会連続で4・5枠となる。

南アフリカ大会で日本と韓国が決勝トーナメントに進んだ事が、結果として評価されたわけで、門戸が開かれるのは良いことではある。
ただ、オイラ個人的には「代表強化」という面では少し引っかかりを覚えている。

単純に言うと「熱が拡散してしまっている」ような感じなのだ。
4.5枠になってからと言うもの、ワールドカップに出やすくなった反面、ワールドカップ予選が国際親善試合と同じような価値に成り下がっているような気がする。
フランスW杯のアジア予選の「熱」を肌で感じた事のある者としては、どことなく物足りなさを感じてしまう。
少しでもあのレベルに近づいて欲しい、と思うんだけどなぁ…

|

« 昨日のACL | トップページ | 今日の日立台 »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/51026715

この記事へのトラックバック一覧です: 喜ばしいこと、なのだが…:

« 昨日のACL | トップページ | 今日の日立台 »