« 天皇杯1回戦 | トップページ | ロンドンへの扉、開く »

2011/09/07

勝ち点1確保

2014年ワールドカップ アジア3次予選 ウズベキスタン 対 日本

苦しい試合だったが、結果としてはそう悪いものではないんじゃないかな…

ホームの大声援をバックに、序盤からウズベクが攻勢を仕掛け、ジェパロフのゴールでいきなりのビハインドを背負うことになった日本。
反撃に転じたいところだったが、トップ下に入った長谷部が気負いからかプレーに精彩を欠き、攻め上がった裏のスペースをカウンターで狙われる悪循環。
後半清武を投入し、流れを引き戻すと、カウンターからの波状攻撃から内田のクロスを岡崎がダイビングヘッドで同点に追いつく事に成功。
その後は互いに決定機を迎えながら、ゴールを割れずに勝ち点1を分け合った。

試合全体で見るとウズベクの流れだった試合を、日本が地力で踏ん張って勝ち点1をもぎ取った、と言える。
ともに中2日の状況ながら、お隣のタジキスタンでの試合だったウズベクと、長い距離を乗り込んできた日本のコンディションの差がモロに出た感じ。
それを踏まえれば、引き分けに持ち込んだことは上々の結果でしょう。欲を言えば、前半の決定機に点が取れてればまた違った展開になったのだろうけど。

とにもかくにも、W杯予選もいったん間が開くことに。
この2戦で見え隠れした課題を、キッチリ修正したいところですね。

|

« 天皇杯1回戦 | トップページ | ロンドンへの扉、開く »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/52667603

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち点1確保:

« 天皇杯1回戦 | トップページ | ロンドンへの扉、開く »