« 2012年2月5日のつぶやき | トップページ | 2012年2月6日のつぶやき »

2012/02/06

痛い敗戦

ロンドン五輪 アジア最終予選 第4戦 シリア-日本

ドロー目前で勝ち点にスルリと逃げられた、そんな感じ…

序盤からシリアのロングボール主体の攻めに押し込まれ、セットプレイから失点。
その後は日本も盛り返し、前半終了間際に永井が同点ゴール。
後半は一進一退の流れで、ドロー決着がちらつき始めた終了間際に鬼ミドルを決められ敗戦となった。

ピッチ状況を鑑みてロングボール主体の攻めにしたのは良かったが、スタメンに収まりどころが無く、セカンドボールをシリアに拾われる苦しい流れだった。
結果論になってしまうが、この一戦では大迫をスタートから使った方が良かったような気がする。
また、中盤でボールを落ち着かせる必要もあったが、シリアのプレッシャーに押し込まれ、なかなか繋ぐ展開に持ち込めなかったのも痛かったか。

自力での突破は消えたとは言え、勝ち点ではシリアと並んでおり、さらには総得点の差はわずか1点。
ここからは貪欲に攻めに行かないと苦しくなるが、やれる下地はある。
次のマレーシア戦がある意味正念場になるが…

|

« 2012年2月5日のつぶやき | トップページ | 2012年2月6日のつぶやき »

サッカー(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70476/53914641

この記事へのトラックバック一覧です: 痛い敗戦:

« 2012年2月5日のつぶやき | トップページ | 2012年2月6日のつぶやき »